メディカル検査自動化システムのリーディングカンパニー

企業情報

アイディエスは、検体前処理・搬送システムのフラグシックカンパニーです。
同社が前処理システム開発を始めたのは、遡ること日本の血液検査オートメーション化の草創期(1980年代初頭)。
「検査は自動化できても、前処理に人手がかかる」という安全性と手間の問題に対して打開策を求められました。そうして前例もノウハウもないところから、研究開発をスタートしたそうです。
アイディエスはユーザーの声をくみ取りながら機能性をブラッシュアップ。徐々にユニットを拡充しながら、他社にはない“独自の価値”を創出してきました。
バーコードシールを貼る作業をはじめ、多種多様な形状の試験管を安全に開栓する、必要な成分を分離・採取する、検体を分注するなど、人が行ってきた一連の繊細な作業を、独自の技術で正確かつ安全に自動化することに成功したそうです。
同社は、メディカル検査自動化システムの先進的企業として、業界をけん引してきたと言っても過言ではないでしょう。検体前処理・搬送システム分野で世界のトップシェアを誇っています。