製品紹介:IDS-CLAS 3600

製品情報

アイディエスの製品について紹介します。

「IDS-CLAS 3600」は、同社のテクノロジーを小さな機体に結集した、検体前処理分注装置のベースモデルとのこと。クライアントのラボに合わせた検体検査フローを提案するそうです。

主な仕様
・一体型
・550検体/h
・1本搬送外部接続

たくさんの機能が搭載された省スペースシステムです。そのため設置場所を選びません。また、作業動線確保の観点からも重宝しそうです。
550検体/hの検体処理能力で、効率良い検体前処理を行えるとのこと。1本搬送を採用し、オプションで外部搬送接続ができるそう。消耗品はオート供給で、マーケットの分析装置をほとんど網羅しており、接続が可能とのことです。汎用性の高さは嬉しいポイントですね。

使用採血管は、φ16×100mm、φ16×75mm、φ13×100mm、φ13×75mm、4種類混在可能。至急検体割り込み機能があり、5検体対応できます。

処理フローは次の通りです。
①外部搬送接続部(オプション):親検体を取り込み。
②親検体搬入部:検体をレーンに搬入。バーコードを読み取り、到着チェック。
③血餅検出部:検体の血餅と分離剤の境界面を検出し、データを分注時に使用。
④開栓部:検体の栓を抜き取る。
⑤子管ラベル発行部:分注子管にオートでラベルを貼り、必要本数を分注部へ送る。
⑥分注部:親検体から子管へ分注。
⑦親検体搬出部:分注処理が終わった検体を搬出。
⑧子検体搬出部:分注処理が終わった検体を仕分けて搬出。
⑨外部搬送接続部(オプション):親検体や子検体を外部搬送に接続。